fc2ブログ
平和で統一された世界を目指して、日々世界で起きていることを提供・考察していきます。

「テロの死・戦争の死」の考察

この本は、お勧めの本というわけではありません。
ただ、考察を書きたい本です。

この本は、写真を紹介していく謂わば、写真集のようなものです。
しかし、内容的にはかなりグロテスクです。実際、最高レベルのグロテスクだと思います。
なので、読みたい方のみ本を開くべきです。

内容ですが、非常に考えさせられるものでした。
今、我々が“参戦中”の戦争がどのような現状であるか、を写真で伝えています。
その写真たちは、目を覆いたくなるというのでは少なすぎで、吐き気を催すものでしょう。

ですが、
これが真実なのです。

これが、現実なのです。

ありふれたニュースで言われている「自爆テロでOO人死亡」の中で、その犠牲者はどのような人物で、どのように死んだのか。それを知るだけでも大きな意識の変換を強いられるでしょう。

更に無残にも殺された人々の亡骸から、そういった感情を覚えられるか?それも大きな問題です。
テロリストたちの死体を見て、“敵意”や“憎しみ”が湧いてくるか、それとも人間として“悲劇”をとらえるか。
本文中にも『子供の頃、父に「ベトコンの死体を見て悲しめる人間になれ」と言われた。今まさに、それに直面している』と書かれていました。まさにこれです。
私はこの文章を見るまで、テロリストの死体を見て、悪意しか覚えられませんでした。しかし、それは恐らく誤りなのです。
私たちは今 目の前の事実を知り、悲劇として捉えるべきなのではないでしょうか。
スポンサーサイト



人種的差異に関する諸考察

皆さん、お久しぶりです。もっと更新したいのですが…、なかなか忙しいです。
ですが、来年までに絶対定時更新しますので、末永くお待ちいただければ本当にうれしいです。
では、始めます。

人種的差別について
近頃、この大学にいて思ったことは国際大学を謳うこの大学ですら、多少の人種的差別が起こり得ているということです。
ここでいう差別というのは宗教的なものや民族的な意味において、好意的なものではなく敵意を持っている考えのことを示しています。

私がよく思うこととしては日本人において人種差別が行われた時、その人は大抵ナショナリズムつまり、民族主義的な考えに同調していることが大抵です。
しかし、これは明らかに矛盾しているのです。

日本人が民族的な考えを持つ場合、それは大抵がそうであるように過去の遺産に敬意を表しそれに同調しています。
しかし、彼らはそれに対して一定の知識しか持ち得ておらず、その考えは誤りであると考えられます。
たとえば、巷には近隣諸国に対してひどい嫌悪感を抱く人々も多くいます。
それは多くが右翼団体と同調しています。
ですが、元々日本という国は国際社会において、「人種差別撤廃」を提示しており、日本という国はその方針を貫いていました。日本は「人種差別撤廃」の第一人者であり、それは誇りでなければいけません
つまり、国粋主義に同調する人間は、人種差別反対者でなければならないはずです。
しかしそれが反対に、人種差別者になり得ている。
これはおかしいのではないでしょうか。
 まとまってなくてすいません。数日中にリライトします

警戒してください

ただ今、対テロ戦争参加国に対し、IPCOから警戒要請が出されています。
すでに二けた以上のテロ組織から報復宣言が出されているためです。

皆さんも狙われる可能性が高い重要施設等には極力近寄らないようにしてください。

アルカイダは、アラビア語で基地という意味です。日本にも基地があったことで知られています。十分に気を付けてください。

管理人の新生活

お久しぶりです。
突然ですが、大学生活もだんだんと落ち着きを取り戻してきたようなので、どのような大学生活なのかを少し書かせていただきます。

ただ、大学名は伏せさせていただきます。恐らく、個人が特定できてしまうので…
前にも書いたかもしれませんが、私が通っている大学は、国際大学を名乗っている大学で(※新潟の国際大学ではありません)、国際学生が生徒の半数を占めています。
さらに、私が今住んでいる大学の寮は、75%が国際学生なんだそうです。
私の隣の部屋も中国の方とチリの方です。

一応、学部は国際学部 みたいなものです。なので、このブログで以前から書いていることはとても役立ってます。

日常会話は日本語と英語ですね。日本人とも英語だけで話したいのですが、私英語が苦手なもので…

今は普通に勉強しつつ、ひそかに交換留学をめざしております。この学校は協定校が多いので意外と行ける機会が多いのだとか…

次にサークルなどについてですが、この大学はやたらボランティア系のサークルが多く、文化部と同等なほどあるのではないか…といった感じです。
枠組みも「文化・芸術」・「スポーツ」・「学術・ボランティア」になってます。
私自身は、学園祭実行委員・模擬国連・ドイツ国際平和村を支援するボランティアサークル(名前に大学名が入っているので名前は避けさせて頂きます)の三つに所属してます。
あとは、寮のスタッフに応募中、一次は通りました。

大学自体は比較的新しい方なので、結構きれいです。レンガ?なので、初めて来た人は「おおー」という人もいますね。
あとは、国際学生との文化の違いを経験したエピソードがいくつかあるのですが、それはまたの機会に。
では
プロフィール

国境有る世界の住民

Author:国境有る世界の住民
 古代ギリシアのディオゲネスは、世界政府こそが唯一正しい政府だと主張しました。

 プロイセンのカントは、全世界が常備軍制度を撤廃して、世界共和国を築くことこそ永遠平和を成し遂げられると主張しました。

“国境なき新世界へ”
人類が国家の為に戦い、苦しむ事の無い世界。人々が国籍など忘れ、笑顔で暮らせる世界。
そんな平和な世界の到来を願って、日々世界で起きていることを中立の立場で、提供・考察しています。
又、気まぐれで本についても紹介しています。

※略称表記について 
情報はほとんどここから仕入れています。

BBC=英国放送協会(公共)  
ABC=豪国放送協会(公共)  
ZDF=第二独国放送(公共)
ARD=独国公共放送連盟(公共)
F2=仏国ネットワーク傘下(公共)
NHK=日本放送協会(公共)
KBS=大韓民国放送公社(公共)
上海RTS=上海東方電視台(公共)
CNN=ケーブルニュースネットワーク(株)
ATV=香港亜洲電視(株)
CNA=星港民間放送(株)
ABS-CBN=比国民間放送(株)
TVE=西国国営放送(国営)
RTR=全露国国営放送(国営)
CCTV=中国中央電視台(国営)
CH9=泰国国営放送MCOT傘下(国営)
VTV=越国国営放送(国営)
VOA=合衆国情報庁(国営)
TVR=全露国国営ラジオ(国営)
Press TV=イラン国営放送(国営)
アルジャジーラ=アラビア半島衛星放送(株?)

 尚、プレビューのマークは、国連・代表なき国家民族機構・平和の旗・マークを合わせて作っています。

最新記事
最新コメント
Flash風メッセージ
Welcome to Borderless New World!! %定時更新は、月~土曜日がAM6:15。 日曜日がAM9:15分頃となっています。             世界中のニュースを現地国が放送してから数時間以内にお届けします。
検索フォーム
Lc.ツリーカテゴリー
RSSリンクの表示
カウンター
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PopUp WikipediaⅡ
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ